ホーム » 未分類 » 株式投資の基礎〜投資信託とは〜

株式投資の基礎〜投資信託とは〜

みなさんこんにちは。 今回は株式投資の基礎という事で、投資信託という商品についてお話ししていきたいと思います。 投資信託というと聞いた事はある方が多いかとは思いますが、一体なんなんだろうって思ってる方も少なくは無いと思います。言葉だけ聞くと若干難しそうですが、投資信託はまさに読んで字の如くで「投資を信じて託す」というものです。 要するに資金をプロに預けて運用してもらい、その運用成果を分配金といった形で受け取る事ができます。 一概に投資信託と言ってもその資金の運用先は色々あり、株だったり債権などが特に多いですが金などの商品価格に連動する投資信託というものもあります。なので価格変動するため元本が保証されてる商品では無いので注意が必要です。時には大きな暴落を伴って価値が下落し、自らの資金を大きく減らしてしまう可能性はあります。 しかし投資信託は基本的にはそこまでリスクの大きいものではなく、大きく資産を減らす事は少ないと言われています。これは投資信託自体が分散投資をしているからです。基本的に株式投資などではたくさんの銘柄に分散すればするほどリスクは低くなり、例えば運用先が株式の投資信託は何十、何百といった企業に分散して投資していますのである程度リスクは低いと言われていますが、もちろんリスクが全く無い訳では無いです。 さらに投資信託はこれだけ分散投資ができているのにもかかわらず少ない金額から購入できます。個人の投資家がたくさんの銘柄に分散投資しようと思うとかなりの資金が必要になりますが、投資信託は少ない金額から購入でき最近では100円から購入できる投資信託などもありますので、初心者の方などで投資に不安がある方でも少ない金額から始めれるので安心です。 また投資信託は金融や投資のプロが運用してくれます。自分でどういった会社の株を買えば良いのか考えたり勉強したりするのが難しい人や、そもそも考えたり勉強したりする時間が無いって方にもおすすめです。 ただし投資信託にはて終了というものが存在します。これはプロの方にお任せする代わりに、委託金をお支払いするといったものです。投資信託によってこのて終了のシステムや料金などは様々なので、買ってみようと思う投資信託が見つかったときは手数料についてもしっかりと調べておく必要があります。 以上が投資信託という商品の説明でした。興味がある方は検討して見てはいかがでしょうか。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です